東山動植物園

東山動植物園

東山動植物園

東山動植物園は、名古屋市が運営しています。

 

1937年(昭和12年)に開園しており、2005年から2009年までの5年間は、北海道旭川市にある旭山動物園に次ぐ3位でしたが、2010年の年間入場者数は、日本国内で上野動物園に次ぐ約218万人規模となっています。

施設運営

名称: 東山動植物園
管理運営: 名古屋市緑政土木局東山総合公園
所在地: 〒464-0804 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
電話番号: 052-782-2111(代表)
開園時間: 午前9時〜午後4時50分(入園券の発売は午後4時30分まで)
定休日: 毎週月曜日 及び年末年始(12月29日〜1月1日)
      ※ 月曜日が国民の祝日または振替休日の場合はその直後の休日でない日が休園日


東山植物園

東山動物園

動物園の様々な施設のうち、代表的な施設を紹介します。

  • 人気のコアラ舎
  • 多種多様なメダカが見られる世界のメダカ館
  • シンリンオオカミ舎
  • 食肉小獣舎
  • 新アジアゾウ舎(2013.928完成)
  • ライオン舎
  • ゾウ舎
  • くま舎

など楽しい施設がいっぱいです。
ちなみに、東山動物園は再生プランに基づいて順次改装中です。

 

北海道の旭山動物園は「どんな見せ方をするか」を考えた動物園として知られて、全国からも動員する有名な動物園になりましたが、東山動物園はどんな動物園を目指しているのでしょうか。

 

また、どんな時間を過ごせるか、ちょっぴり楽しみでもありますね。


東山植物園

東山植物園

東山植物園には、約7,000種もの植物を展示されています。
また、温室や世界遺産にもなった岐阜県の白川郷から移築した合掌造りの家などがあります。

散策コースなど

植物園は、自然林を生かした展示手法になっていて、万葉の散歩道、薬草の道、東海の森などの散策コースがあります。

 

さらに、見本園では、シーズン毎に楽しめる木や花も見られます。

バラ園

約230種類、930本のバラは、春は5月下旬〜6月上旬、秋は10月中・下旬が見頃です。

椿園

秋から春までの間、約250品種1,000本が次々に咲きます。一番の見頃は3月下旬です。

アメリカ産植物見本園

ハナミズキの林に囲まれ、フロックス、ルドベキア、カルミアなど、主に北米原産の草花や灌木が咲きます。

中国産植物園林

「植物界のパンダ」といわれるハンカチノキや白い花の集まりが直径20センチメートル以上にもなる手毬のようなムーシューチューなど、珍しい花が一杯あります。

桜の回廊

桜といえばおなじみの「染井吉野」から、黄色い桜「浅黄」まで100種1000本の桜が、3月上旬から5月上旬にかけて楽しむことができます。

 

車いす・ベビーカーをご利用の方は、

  • 園内の主要コース
  • 洋風庭園
  • 合掌造りの家
  • 星が丘門
  • 椿園
  • お花畑
  • 竹林
  • 洋風庭園

をご利用ください。
脇道は階段になっている個所が多いのであらかじめ案内所等でお尋ねください。