海の生き物と触れ合える「南知多ビーチランド」

海の生き物と触れ合える「南知多ビーチランド」

南知多ビーチランド

東海地区にあるテーマパーク「南知多ビーチランド」は、海の生き物たちと触れ合うことができるテーマパークです。愛知県知多郡美浜町の海岸沿いにあり、季節によっては、マリンゲートから海につながり、海水浴や潮干狩りを楽しむことができます。このテーマパークの名称に「ビーチ」がついているのは、そのためです。

 

毎日行われている「ふれあいカーニバル」では、ハンドウイルカやかわいいゴマフアザラシに直接触れて肌の感触を感じたり、フンボルトペンギンにエサをあげたりすることができます。アシカのお散歩もあるので、愛嬌のあるアシカにタッチすることができます。

 

「タッチング水槽」では、磯の雰囲気が再現され、ナマコやヤドカリ、ウニ、ハゼなどの海の生き物に直接触れることができます。小さなお子さんでも安心して参加できますよ。

 

海洋館「レックダイブ」という場所は、海底に沈む海底の洞窟や海賊船がイメージされており、ダイバーになって海に飛び込んだ気分で、さまざまな魚を観察することができます。また、大水槽では、お魚のお食事タイムが1日2回行なわれています。ぜひ、時間をチェックしてください。

 

また、海洋館の出口へつながる途中には、「ペンギン館」があります。そこでは、体長90cmもあるキングペンギンや、人に慣れやすいジェンツーペンギンを間近で見ることができたりします。

 

ビーチランドのある南知多には、東海地区最大の約2kmの砂浜が続く「内海海水浴場」があります。この海水浴は、美しい白浜が特徴で、ここからは、伊勢湾を眺めることができ、夕方には美しく沈む夕日を臨むことができます。